So-net無料ブログ作成

基礎学力が重要 [雑記]

スポンサードリンク




英語をやるには基礎学力がないといけません。

まあすべてにおいてそうですが(笑)

国語ができる人は英語ができるなんて言いますが、国語の力だけでなく、算数の文章題を解くことができる力や、応用する力や暗記できる能力がないとできません。

決して文系理系なんて簡単に分けることはできません。

「え?」と思うかもしれませんが、ルールを理解してそれにのっとって運用する必要があるのです。
文脈を読みとり、論理的に考え、かつ例外にも対応できなけれなければいけません。

ちなみにですが、私は数学と理科系科目の成績が特によかったです。
テストでは9割以上の得点が普通という感じで、たまに100点をとれる感じです。
ところが国語はというと、あまり得意ではなく、テストでは8割~9割をうろうろしていた感じです。
社会(歴史や地理は特に)は全く興味が持てず、やる気が出ないので苦手でした。
ワークブックを丸暗記することで試験を乗り切っていました(覚えるのが辛いんですよね...)。

上記のような感じで、私は全部の勉強を一応(力の入れ方は違うけれども)やっていました。
得意じゃないものはありましたが、どれが特別に悪いということもありませんでした。

つまり…

何かができれば英語ができるとかはありません!

逆に言えば、

何かができないから英語ができないということはありません!

得意不得意なんて誰でもありますし、数学好きだから英語苦手なんてことはありません。
社会好きだから数学苦手とかもありません。
たぶん苦手意識があって最初から頭が拒否反応を示してしまうだけで、やりたくないからやらないだけでしょうね。
国語できるから英語できるといった人は誰なんでしょうか。

私から言わせると数学出来ないなら英語もできないと思います。
何かの技能の訓練が欠けているんでしょうね。

英語にはルールがあって、ルールが頭に入っていればなんでも理解できるのです。

規則性を見出してそれにのっとって英語を読み、書き、聞き取り、話すのです。

日本人が英語を話せない理由は、圧倒的な語彙の少なさが原因です。

単語を暗記できなければ話せません。

つまりは、基礎学力がないと英語なんてできるわけがないのです。

英語だけでなく、全てにおいて同じです。
生きていくうえでの基本は幼児~中学校までの間に最低限の基礎学力を身につけることです。

幼児期や児童期の早期の子どもの学習(読み書きをするとかではなく、幼稚園などでの遊びを含めた教育から)に力を入れることが、社会にとって最も効果の高い投資となることが分かっています。
OECD諸国の調査で分かっていることです。高校生、大学生の学費を無料にすることではなく、幼児期や児童期の教育が一番効果が高いんです!ご存知でしたか?

だから幼児教育無償化なんですよ~皆さん!

中学校に行ってあわてて塾に入れるのは少し遅いのではないかなと私は個人的に思っています。

向き不向きはありますが、時間さえかければ一定のレベルには到達できます。
できない教科だけやるのではなく、他の教科もしっかりと取り組むことで効果が出やすくなります。

英語も基礎学力が重要です!
そしてこれからは一般的な教養として必須のものとなっていきます。

早いうちから無理せず少しずつが大切です。


スポンサードリンク



nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0