So-net無料ブログ作成

習い事にのめりこむ [雑記]

子どもが習い事をしていると、どんどんそちらが中心になってしまうことってありますよね。

以前勉強を教えていた子どもたちの中にもスポーツをしている子がたくさんいました。

やっているうちに上手くなってきたり、レギュラーになったりしてどんどんそちらで生活がいっぱいになるパターンが多くありました。

その中でも

本当にスポーツのみ頑張る家



成績が少しでも下がったらすぐに辞めさせるという約束がある家

とがありました。

当時は、「勉強優先に決まってる。スポーツなんて遊び。プロになるわけでもないのだから無駄」と思っていました。

今、親になるとこれはどちらの気持ちもわかりますね(笑)

というのも、つい最近、上の子がとあるスポーツで「育成コース」とやらに入ることになりました。
正直に言うと、練習回数も多くなるし、勉強ができなくなると困るということで最初のお誘いはスルーしました。

ですが、子どもにキラキラしながら「やってみたい!」と言われてしまうと、やめなさいとは言えず。
一応今までやってきた分と同じ量の勉強をすることと、友達と遊ぶ回数が減ってしまってさみしい気持ちになるかもしれないことを覚悟するように伝えました。

勉強やだ、遊びに行きたいとかいって泣かれてなだめながらやらせるなんてやってられません[あせあせ(飛び散る汗)]
こちらも仕事していますしね。

そして、一度始めてみると、「本当に一流選手になれるかもしれない…」なんてこっそり心の片隅で思ってしまいます[ぴかぴか(新しい)]

親心ですよね(笑)

勉強が一番なのか、スポーツの優先度は?ということに明確に答えを出しているわけではありませんが

今のところ、同じ量の勉強をさせています。
もう3年生なので、本当はもう少しだけ毎日の勉強量を増やしたいところだったのですが、とりあえず様子を見ているところです。
学力テストの結果が返ってきて、どちらの教科も1つか2つ間違い程度だったので、「ならこのまま様子見でもいいか」ということにしました。
本人は100点でないことにショックを受けていました(笑)

今後もスポーツに「私が」あまりのめりこまないようにということだけは気を付けようと思っています。


以前ある方と子どもの習い事について話す機会がありました。
その方もお子さんのスポーツで毎日送迎や遠征の付き添いなど本当に何年も頑張ってやっていたそうです。
本当に親の方が必死になっていたそうですが、保護者仲間の一人が、自分の体調不良に気が付いていたのに習い事を優先して自分を後回しにしていたそうです。
そして見なくなったなと思ったら、その保護者さんは重い病気を患っていて、病院を受診したころには手遅れになっていたんだそうです。

「絶対に線引きした方がいい。」

この言葉を聞いたときに、それだけは忘れないで子どものスポーツの応援をしようと心に決めました。


現在、私の考えでは「スポーツは生きる上で基盤となる体をつくるためのもので、極めて重要」です。
けれども「勉強ができなくなるほどやる必要はなく、バランスが大事」と考えています。

特に、お母さんは関係ないんだから、ドライにやるべき!です。

運よくプロになれればしめたものですが、その確率は極めて低いですし、プロになったり、一流選手になったとして、その選手生命は極めて短いです。
引退後の人生の方が長いわけですから、やはり勉強を手抜きするわけにはいかないなということを念頭に入れつつ、「飯炊き+シャトルバス係」を全うしようと思っています。
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

ALT(外国語指導助手) [雑記]

最近、子どもの学校に新しいALTさんが来たと聞きました。

どうやら英語ネイティブではないようですね。

第2言語として英語を学んだ英語が堪能な外国人を呼び寄せているようです。

あれ・・・?

それなら、第2言語として英語を学んだ英語が堪能な日本人の先生でも良くないか???

大金かけて世話してこちらに呼び寄せる必要があったのでしょうか。

見た目が「ガイジン」ならいいということでしょうか。

そうだとしたら、保護者を相当馬鹿にしていませんか?

見た目日本人やアジア人だとそれっぽくならないから、バイリンガルやネイティブ並みに英語が堪能な日本人が国内にたくさんいるのに、わざわざ国外からお金をかけて人を呼んでいるということですよね。

そして毎年?のようにALTが変わるので、教える側のスキルが全く上がらないという...。

本当に本気で英語教育を変える気があるのか...。

誰も気が付かないとでも思っているのでしょうか。

それとも、ただ単に日本人にお金を払うのが嫌だということなのでしょうか。

日本ってそういう不思議なところがありますよね。

保護者としては、もっと子どもたちのことを考えた制度作りをしてほしいなと思います。
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

ビジネスですが…。 [雑記]

英語教室はビジネスなんですが、やはり子どもたちを対象とするのでなかなかビジネスライクにはなれません。

1年で予定しているカリキュラムの進捗を守るべきではありますが、まだ身についていないのに進むのは可哀そうだし、けれども保護者の皆さんの希望もあるし、他の子どもたちとのバランスもあります。

どこまで付き合うのか、そこはいつも悩みますね。
サービス(知識)の提供はしていると割り切って、覚えるかどうかは本人次第ということですいすい進むということもできますが。

まあ、うちでできないなら他の塾や英会話教室だともっと厳しいかもしれませんね...。

当教室は塾よりはゆるく、英会話よりはしっかり英語を学ぶという感じです。

楽しさもないとダメだけど、楽しいだけでは身につきませんから子どもたちには頑張ってほしいところです。
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

別れと出会い [雑記]

久しぶりの更新となってしまいました。
更新がないということは、忙しいということなのです...。
閉鎖ではありません(笑)

当教室はテナントを借りたりしていないため、固定費がないので人数が多くなくても、継続できるんですよ~[ぴかぴか(新しい)]


それはさておき、

当教室では大人向けのレッスンも行っています。

先日およそ7か月ほどレッスンを担当した生徒さんが、ご家庭の都合でレッスンの継続ができなくなってしまい、お別れとなってしまいました。
親子ほど年が離れていましたが、「先生」なんて呼んでいただき、色々と気を使ってくださって逆に申し訳ないくらいでした。
おはなしを色々と聞かせていただき、こちらの方が人生の勉強をさせて頂きました。

レッスンとは言え、1週間から2週間に一度お会いして、お茶を飲みながら会話をしますのでやはりさみしい気持ちになりました[もうやだ~(悲しい顔)]

そんな中で、不思議と(?)新たなお問い合わせをいただき、また新たな出会いがあることにワクワクしているところです。


大人はマンツーマンで対応しています。
お友達同士でのレッスンも、2人か3人くらいまでなら対応しています。

子どもは複数人数でやっているのですが、これは子どもの性質上複数人との遊びも含めたレッスンが適切なためです。

大人は人によって目的もレベルも異なりますので、そこを満たすためにマンツーマンです。

お互いのスケジュールに合わせてレッスン組みますので、無理せず継続できますよ[exclamation]
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

運動会終了 [雑記]

ようやく運動会が終了して、子どもたちが過酷(?)な練習から解放されましたね。

練習自体というか、暑さによく頑張って耐えたな~と思います。

いつもレッスンに来るとみんな疲れて「やる気があまりでないなぁ」という顔をしていました(笑)

今週からは頑張れるか?と期待しているところです。

新しい学年、クラスが始まってみんな慣れないところにすぐ運動会の練習なので、4月と5月は子どもたちも慣れるだけで精いっぱいという感じでした。

レッスンも最初の2か月は大したことをしない(アルファベットとか、数、色や形など簡単なことを学ぶ)ので、それでも大丈夫です[exclamation]

ここから割とちゃんとした対話に入っていくので、たくさん参加してもらいたいなと色々考えているところです[ひらめき]

今当教室は二年目ですが、子どもたちを見ていますと昨年の段階で「ここ曖昧に覚えているんじゃ!?」と感じたところはやっぱり今年も引っかかっていますね。

毎回必ず一つ一つの要素を確認し、わからないところは徹底するのですが(子供にとってはいい迷惑ですね笑)、やはり家に帰るとすぐ忘れてしまうんですよね。
復習は大事です。
こちらで採用しているテキストは、きちんと以前のレッスンで習った単語やフレーズが出てきて、そこにプラスの表現を学んでいくというスタイルになっています。
毎回復習+新しい表現なんです。
宿題もちゃんとやれば(こなさないこと)、自動で勝手に2回は復習しているんです!
それとは別に家でテキストを読んだり、CDを聞けば、もっと定着することになっています。

毎回、毎年丁寧にやれば、翌年のレベルが上がったレッスンでついていけないことはないようになっているはずなのです!
が!ですが!

やっぱり復習しないとすっからかんで、急に難しくなった!意味わかんない!という顔をされたりします(笑)

塾ではないので夏の講習なんて考えてもいませんでしたが、別途機会を作って強制的な復習の機会を入れるべきなのかと考えているところです。
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び